知っておきたい紙袋の製作についての基本事項

紙袋 製作

オリジナルで紙袋を製作してみたいなと考えたことがある方もいらっしゃるでしょう。紙袋の専門業者にオーダーすることで、簡単にオリジナルデザインの紙袋が作れますので、ぜひ利用してみてください。紙袋はビニールのレジ袋と比べても宣伝効果があり、会社のロゴやお店のイメージを宣伝できる絶好のチャンスです。また、おしゃれなものや丈夫なものであれば、アフターユースしてもらえることもあり、こだわりを魅せたくなります。最近ではネットで気軽に注文できることもあり、業者も豊富にありますので、予算を決めたらデザインにこだわりをみせてみてはいかがでしょう。紙の種類や厚さ、色や素材、サイズ、持ち手の種類、そのほかさまざまなオプションを加えられます。ぜひ、ほかにはない、さりげなく人目に付くデザインのものを考案してみてください。

納期やコストなど、慎重に選びたい紙袋製作業者

オリジナル紙袋を製作するときには、主にネットで注文します。デザインもデータのやりとりのみで、きれいに作ってもらえます。インターネットであれば全国どこの紙袋業者に依頼してもいいので、見積もりをもらうなどして、イメージに合うものを作ってくれるお気に入りの業者を見つけましょう。小ロットでの対応や短納期で作ってくれるのであれば、注文もしやすいです。ある程度の数の注文であれば、自社工場を持っている業者ならコストも抑えられ、納期も早いのでおすすめです。デザインにこだわるのであれば、経験豊富なデザイナーが在籍している業者を選ぶことが大切です。これらのことをふまえ、紙袋業者を選ぶ際には、いくつかの業者に問い合わせ、見積もりをとり、しっかりと比較検討して決めることが望ましいです。

紙袋製作のポイントでもある持ち手の種類

紙袋を製作するなら、デザインや印刷が最も気になりますが、持ち手も大きなデザインのポイントになります。紙袋に入れるものに応じた持ちやすさを考えることが大切です。持ち手を変えるだけで、高級感やポップなイメージが演出できるので、とても大切な要素といえます。種類も豊富で、一般的にはリーズナブルでどんな紙素材にも合わせやすいアクリル丸紐、アパレルショップなどでよく使用されるアクリル平紐、ポリプロピレンで作られ高級感のある光沢のパイレン、結婚式の引き出物用などにも使われる高級素材のツイストコード、アパレルやコスメショップなどで使用される個性的でおしゃれなサテンリボン、おしゃれ感と持ちやすさを併せ持ったクログランリボン、自然にやさしくナチュラルな雰囲気の紙紐、紐を使わず紙袋に直接持ち手穴をあける手穴加工など、用途や雰囲気に応じてさまざまなものが選べます。